返済能力の有無

 

女性 PC OK

消費者金融で融資を受ける為の審査基準は、返済能力があるかどうかという事で、定期的な収入がある成人ならば審査に通りやすいです。

逆に通らないパターンとして考えられるのは、無職無収入は論外で、過去の返済履歴が悪い人や、すでに複数業者に借金がある人なども返済能力に疑問がつくので審査に落ちる事もあります。

定期的な収入があり、会社の在籍期間も長く、他に借金の無い方は返済能力が高いと見なされるので、スムーズに取引が可能です。

ですから、審査では顔が怖いとか、生理的に受け付けないというような主観はでの判断ではなく、客観的な社会的にどこに属しているかという事が大切になります。イケメン、美人、良い人そうとか、確実に返済してくれそうというような曖昧な基準は審査対象に全くなりません。

審査自体は小口のキャッシングならば運転免許証で身分証明出来れば申込み審査が可能です、大きなお金が必要ならば、収入証明書の提出が必要になり、専業主婦等は自分に収入が無いので、配偶者との婚姻関係の証明や収入証明書が必要になります。

そしてどこの業者でも大体30分程度で審査結果が出るので、審査で合格が出ればキャッシングやローンを使えるようになるのです。

レイク

http://www.animadrid.com/

※審査結果がすぐわかるそうです。

 

消費者金融の審査について

 

消費者金融から借り入れをする際に重要な点として審査があります。審査の内容は定期的な収入がある事、希望金額が年収の3分の1以下である事、他の消費者金融から借り入れがあるかないかなど様々な点を審査してようやく借入できるかどうかが決まります。

初めて借り入れをする人は問題なく借り入れが出来る可能性が高いです。定期的な収入がある人であればほとんど問題ないと思います。しかし、消費者金融側も初めて借入する方の情報はあまりないので、借入金額は低くなる可能性が高いです。月々の返済が滞りなく行われる事がわかった段階で、限度額の引き上げや金利の引き下げについては向こうからお話があると思います。

気をつけてほしいことは、正直に収入について書く事です。たまに年収などをごまかして記入する人がいますが、ばれると大変なことになります。借り入れを差止めされる事もありますので、くれぐれも正直に必要事項を記入していただきたいと思います。

ほかに借り入れがある方は、正直に金額を書いて審査を受けましょう。消費者金融の審査は比較的甘い事が多いので、大きな金額を借入していない限りは問題なく借り入れが可能だと思います。審査を受けるのは無料ですから、まずは申し込みをしてみることです。ただ、返済が厳しい金額まで借り入れをすると、生活の破綻にもつながりますので、十分に検討した上で希望する金額は決めましょう。あくまでも計画的に借り入れをすることを忘れないようにして下さい。

 

消費者金融の審査基準

 

消費者金融の審査基準は、会社によって色々違う部分もありますが、基本的には
収入がしっかりとあるかと、他所からの借金の状況をしっかりとみます。
収入については、パートやアルバイトでも問題はありません。
自営業を手伝っているという場合は、明細の提示を求められたりします。
借金の状況は、どこでどのくらいの借金をしているかを調べます。沢山のところから
借金をしているいわゆる多重債務と呼ばれる状況の場合は借入が難しい場合が多いと
思います。
属性スコアリングという点数方式で、融資するかどうかを決める事もあります。
この場合は、収入の多さや持ち家であるかや勤続年数がどれくらいか等で点数が
大いに違ってきます。携帯電話だけでなく、固定電話もある方が非常に有利なのです。
消費者金融によっては、他所からの借入があっても融資してくれるところも
あります。中堅の消費者金融は審査基準が甘めな傾向があるかと思います。
消費者金融の審査基準では、前述したもの以外でも返済の意志があるかどうかを
鋭く見ています。そして、返済能力についても徹底して確かめます。
審査は厳しめですが、低収入であってもしっかりと返済できると判断された場合は
きちんと融資してくれます。

 

消費者金融の審査基準3つのポイント

 

急にお金が必要になりどうしても消費者金融からお金を借りたい場合、誰でも借りられるほど世の中は甘くありません。消費者金融は貸したお金をきちんと返してもらえるかどうか審査します。当然のことながら、あなたはこの審査に通らないとなりません。
審査に通るポイントはあるのでしょうか。
一般的にはあまり知られていないことかもしれませんが、審査ポイントは主に3つあります。この3つをクリアしていれば審査にはパスしやすくなりのです。
1つ目は「クレジットカードなどの支払いを過去3ヶ月以内で遅れたり滞納していないこと」。
直近の3ヶ月で支払いを滞納したりしている場合には、またお金を貸しても返せない可能性が高いと判断されます。審査基準の中でもこれはかなり重要なポイントで、このポイントがクリアでない場合にはほぼ審査は通りません。もし3ヶ月以内にこういった心当たりがあれば、きちんと支払いを済ませてさらに3ヵ月後に審査を受けましょう。
2つ目は「総量規制内の借入金額であること」。
総量規制とは、平たく言うと「年収の3分の1までしかお金は貸してはならない」という法律です。正社員の場合でもアルバイトの場合でも自分の年収の3分の1までで申告しましょう。
3つ目は「ほかの消費者金融などの審査に過去3ヶ月以内で落ちていないこと」。
1つの審査に落ちると次々別の消費者金融に申し込む人がいますが、これはとても悪印象になります。「この人はいろんなところの審査に落ちている」と判断されてしまい、結果どこの審査にも通らなくなってしまうことがよく起こります。一度審査に落ちたら、最低でも1ヶ月は他の消費者金融に申し込むのを控えるといいでしょう。

 

消費者金融の審査で重要なこと

 

消費者金融を利用するには審査が必要となります。
審査には色々とあり、情報には生年月日や勤務先などがあります。
そして持ち家かどうか、そして年収がいくらくらいあるかというのが必要となっています。
これは貸したお金をしっかりと返せるかどうかというのを把握する必要があり、審査には重要なことです。

そして次に延滞が過去にあるかどうかという点です。
人間ですから忘れてしまう事もありますが、信用を元に貸しているので、延滞してしまう事によって信用情報機関に載ってしまいます。
延滞してしまう理由というのは本人以外には分からない事なので、理由は関係なく載っています。
ここに載ってしまうと借り入れが難しくなってしまうので、返済は計画的に行う事が重要です。

しかし中には延滞をしていても借りられる消費者金融もあるので、法外な金利を取るような場所に駆け込まず、大手以外の消費者金融をまず選ぶ事が大切になります。
また、審査には銀行系には独自の基準があるので、他がダメだと言っても諦めたりせずに違う所を審査受ける事が重要です。

このように審査には収入なども影響してきますが、過去の延滞は重要視されているので、借りる時には返す事も考える事が今後の為にもなります。