消費者金融の審査基準3つのポイント

 

急にお金が必要になりどうしても消費者金融からお金を借りたい場合、誰でも借りられるほど世の中は甘くありません。消費者金融は貸したお金をきちんと返してもらえるかどうか審査します。当然のことながら、あなたはこの審査に通らないとなりません。
審査に通るポイントはあるのでしょうか。
一般的にはあまり知られていないことかもしれませんが、審査ポイントは主に3つあります。この3つをクリアしていれば審査にはパスしやすくなりのです。
1つ目は「クレジットカードなどの支払いを過去3ヶ月以内で遅れたり滞納していないこと」。
直近の3ヶ月で支払いを滞納したりしている場合には、またお金を貸しても返せない可能性が高いと判断されます。審査基準の中でもこれはかなり重要なポイントで、このポイントがクリアでない場合にはほぼ審査は通りません。もし3ヶ月以内にこういった心当たりがあれば、きちんと支払いを済ませてさらに3ヵ月後に審査を受けましょう。
2つ目は「総量規制内の借入金額であること」。
総量規制とは、平たく言うと「年収の3分の1までしかお金は貸してはならない」という法律です。正社員の場合でもアルバイトの場合でも自分の年収の3分の1までで申告しましょう。
3つ目は「ほかの消費者金融などの審査に過去3ヶ月以内で落ちていないこと」。
1つの審査に落ちると次々別の消費者金融に申し込む人がいますが、これはとても悪印象になります。「この人はいろんなところの審査に落ちている」と判断されてしまい、結果どこの審査にも通らなくなってしまうことがよく起こります。一度審査に落ちたら、最低でも1ヶ月は他の消費者金融に申し込むのを控えるといいでしょう。

 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です